FC2ブログ

    はのつくす 空冷DUCATI 道楽

    クラシック ミニ、DUCATI 900SS、FE、M1100S、スズキ ハヤブサなどなど趣味のblog。最近はカメラなども・・。

    配線変更

    2020
    07
    在、我が家のイタ車どもはちょっとした不具合を抱えております。
    900FE⇒電圧計、ドライブレコーダが動かない
    M1100S⇒排気バルブモーターエラー

    どちらも走行はできますが、M1100Sのエキパイの排気バルブは、閉じ側で動かなくなってしまっているようなのであまり高回転を使うとエンジンによくないかも知れません。まず店の点検器などで、リセットをかけるだけで治らないかを確認するところをスタートにするつもり。

    900FEは、配線を治さないといけないので、フロントカウルやらリアサイドカウルjなど外さないといけないのですが、まぁ、仕方なし。配線し直しすることにしました。
    現在の配線と予定の配線です。
    900FE_電圧計_ドラレコ


    それぞれの配線の狙いも書いていますが、FETスイッチが逝かれてしまったようなので、簡易化します。そもそも、FETスイッチを導入していた理由は、なんかセルが弱くて始動性が悪い・バッテリーがすぐ弱くなることから、後付け機器(当時付けていたレーダ)は始動時OFFでき、キーOFFで自動で電源OFFとしたかったからなんです。
    しかしながら、始動性の悪さは漏電によるもので解決し、またレギュレータもアイドリング+α程度で発電開始する新電元製に換装したことにより、切り忘れさえ起こらなければ何の問題のない状態になっていますので、配線をシンプルにしてしまうことにしました。

    どれがなんだか、わからなくなるんですよね~。
    900FE_20200606_01.jpg

    サイドカウルはパニアステーの関係でものすごく取り付け・取り外しづらいので、外すの嫌だったんですけど、今のままではドライブレコーダも電圧計も使えないのでね。。
    下のほうにぶら下がっているのがFETスイッチです。取り付け位置が、エンジンの真横になってしまい、熱的に非常に厳しいところへの取り付けとなってしまったのですぐ壊れてしまうかと思っていましたが、9年ほど使ったように思います。
    エレクトロタップ・・・最近は一切使っていませんが、バイク屋にお願いしたETC配線で使っており、そのまま活用してしまっています。

    リレー(電磁リレー)はフロントにつけています。ちなみに、リレーは普通に売っているエーモン製です。
    900FE_20200606_02.jpg

    さてさて、停車時の動作確認まで終わりました。作業していると、蚊が出てくるようになりました。嫌ですね~。

    翌日、試走しに行きました。
    兵庫県道97号五坊谷池
    900FE_20200607_03.jpg

    当然ながら何も問題はなしです。

    次回はM1100S直さないかんなぁ。



    スポンサーサイト



    0 Comments

    Add your comment